化粧品を購入するときに必ずチェックしておくべき成分

化粧品を購入するときに必ずチェックしておくべき成分について、避けたほうが良い成分について解説します。
化粧品を購入する際にチェックしたほうが良い成分は、ミネラルオイルです。

ミネラルオイルとは、日本語で言うと鉱物油という意味です。
重油、石油、ガソリンなどのオイル類をとり、最後に残ったドラム缶の底にたまっているオイルのことです。
自転車のチェーンにつける油だったり、道を作るときの舗装の材料などに使われるようものを使い、色を付けて作っているのが化粧品です。
オイルなので、保湿したような気になるくらいの使用感があるので、買ってしまう人が多いですが、本当はあまり良いものでできてません。

ミネラルオイルは、ドラム缶いっぱいにしても、10円くらいという、要はもう使えないものを使って作っているのが一般的な化粧品です。
ミネラルオイルは、オイルとつくくらいなので、オイルが入ってます。
なので、化粧をして紫外線に当たると、日焼けをします。
日焼けを避けるためにUVの為に化粧をしているのに、逆効果になってしまいます。
一般的な化粧品は、コンパクトやCM代、女優さん代に高額のお金を使っているので、残ったお金で作ることしかできないので、安くて使用感のあるミネラルオイルを使っているので注意してください。

日用品にも入っているので、必ず購入の際には成分をチェックしてください。